緑茶のさんぽ道🍃

⑥お茶に適した水(クリックで本文へ)

お茶をおいしく淹れる水
お茶をおいしく淹れる水

お茶をおいしく淹れるには、硬度の高い硬水ではなく軟水の方が適しています。

一般的にミネラルウォーターの方が水道水よりもおいしいと思われていますが、市販のミネラルウォーターには、様々な硬度のものがありますので、軟水の水道水の方がお茶を淹れるには適している場合があります。

ただし、水道水は法律(水道法)により塩素での消毒が義務づけられており、残留する塩素によってカルキ臭を感じることがあります。

このカルキ臭は個人や地域によっても感じ方が異なりますが、衛生的に供給されていることを意味し、病原菌等から守られて安全な水という証拠でもあります。

お茶を淹れる際は、この臭気が気になることがありますので、水道水でお茶をおいしく淹れるには、この臭いを抜くため一度沸騰させることがポイントです。

沸騰させたら直ぐには火を止めないで、ふたを開けて、2~3分程度沸騰させ続けましょう。カルキ臭が強い場合は、5分程度沸騰させたほうがより効果的です。

なお、衛生面での注意点として、沸騰させた水は長時間の保存ができませんので、できるだけ早く飲むようにしましょう。

 

1